埼玉県の小ネタや話題を毎日更新しています。

埼玉マガジンで検索を!!

川島町

川島町のコロナ対策で新生児に10万支給!準要保護児童・生徒に3万!準要保護児童とは!?

走って埼玉【川島町中心】マガジン編集部です!!

川島町がコロナ対策で様々な給付をすることがわかりました!

さすが我が川島でしょうか(^▽^)/

詳しく見ていきます!!

新生児に10万円給付

新生児特別定額給付金給付事業として10万円の給付します!

この給付は国の用意した1人10万円の特別定額給付金の対象外となった新生児の救済になりそうです!

国では4月28日以降は対象外となることから4月28日から来年3月31日までに新生児が生まれた家庭に10万円の支給がされます。

準要保護児童・生徒に3万!

収入が減少し生活に困る児童・生徒がいる家庭に対して、1人当たり3万円給付されます。

対象者は150人になるとの事です!!

準要保護児童・生徒臨時給付金給付事業として約468万円が用意されます。

1人親・75歳以上の高齢世帯に5千円!

ひとり親、75歳以上の高齢者世帯への家計支援として、5千円分の地域商品券を配布されます。

地域のお店で売り上げが減少している支援策としても考えられているようです!

川島では小中学生に3000円の商品券が支給されていますので、同様の形になりそうです!

準要保護児童とは

文部科学省のページで確認すると、就学援助の対象者の項目のbに当てはまる場合、準要保護児童となるようです。

就学援助の対象者

a.要保護者
生活保護法第6条第2項に規定する要保護者(平成30年度 約11万人)

b.準要保護者
市町村教育委員会が生活保護法第6条第2項に規定する要保護者に準ずる程度に困窮していると認める者 (平成30年度 約126万人)  【認定基準は各市町村が規定】

引用:文部科学省

 

就学援助に対する川島真理の申請規定は、以下の項目に当てはまる場合になります。

1、生活保護の停止・廃止を受けた
2、町民税が減免
3、個人事業税が減免
4、固定資産税が減免
5、国民年金が減免
6、国民健康保険が減免・徴収猶予
7、児童扶養手当を受けている
8、生活福祉資金を受けた
9、雇用保険被保険者を手帳を持っていて、日雇いの場合
10、火災などの自然災害を受けた
11、生活保護を受けている
12、1~11に該当しないが生活が苦しい場合

難しい事が書かれていますが、年収などいくら以上などの表現はされていません。

主に税金や年金・保険などの社会保障の部分で収入が少なく免除や減額されている事が条件いて上がっています。

今回のコロナであれば、10が該当しそうな気もします。

コロナの影響で収入が落ち(失業)生活が厳しい場合など申請が出来る可能性があります。

またどれにも該当はしなくても生活が苦しい場合には援助の申請や相談は出来るようです。

就学援助は経済的理由によって,就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては,市町村は,必要な援助を与えなければならない。といった教育法が存在し誰でも平等にが根本となっているようです。

就学援助のメリット

話が少しそれますが、就学援助は学校給食費・学用品費・校外活動費・修学旅行費・PTA費などが援助される仕組みとなっています。

給食費は1人4000円ですし、その他にも様々な支援が用意されています。

小学生の場合

●給食費免除
●学用品費:11,640円(年間)月およそ1,000円
●通学用品費:2,230円(年間)※1年生以外が対象
●校外活動費(宿泊あり) 実費額:上限3,690円
●校外活動費(宿泊なし) 実費額:上限1,600円
●PTA会費の援助

※修学旅行費・実費額:上限21,580円
※新入学学用品費:51,110円(小学校上がる前に支給)

中学生の場合

●給食費免除
●学用品費:22,740 円 (年間)月およそ2,000円
● 通学用品費:2,230円(年間)※1年生以外が対象
●校外活動費(宿泊あり) 実費額:上限6,210円
●校外活動費(宿泊なし) 実費額:上限2,310円
●PTA会費の援助
●体育実技用具費(柔道):実費額
●生徒会費:実費額

※新入学学用品費:57,980円(中学上がる前に支給)
※修学旅行費:上限57,720円
※自転車購入費:上限18,000円(中学校に上がる1回限り)

このようにかなり大きな援助となります。

中学生に上がる時には制服・体育着代で10万近いお金が必要になると思います。

57980円の給付があるとなればかなり助かる家庭も多いのではないでしょうか!

最後に!!

川島ではかなり手厚い給付が用意されている事がわかりました!

給付とは別に就学援助はかなり手厚いサポートが受ける事が出来ます。

3万円の給付もそうですが、生活が厳しい事で学業に影響を出さない事が主となっています!

今回のコロナの件だけでなく生活が厳しい場合には相談してみるのは一つの手かもしれませんね!

教育総務課 学校教育グループ
TEL:049-299-1730
ホームページ:川島町・就学援助制度

最新・埼玉県市町村別コロナ感染者状況

7月に入り感染者が増加傾向となっています。

市町村別やコロナに関するニュースをまとめていきます。

詳細はこちら

埼玉県の小ネタや話題を毎日更新しています。

埼玉マガジンで検索を!!